1. 駒込駅前デンタルクリニック
  2. 日暮里駅前デンタルクリニック
  3. 西日暮里駅前デンタルクリニック
  4. 駒込駅前デンタルクリニック
  5. 日暮里駅前デンタルクリニック
  6. 西日暮里駅前デンタルクリニック
COLUMNコラム

歯の矯正でフェイスラインはキレイになる?

フェイスラインにコンプレックスを抱えている人もいるかもしれません。実はフェイスラインというのは歯並びや噛み合わせが大きく影響しています。
そこで今回は、歯の矯正でフェイスラインがきれいになりやすいタイプの人とはどのような人なのか、ということについてご紹介していきます。

歯の矯正でフェイスラインがキレイになるのはどんなタイプの人?

次にあげる噛み合わせは、矯正治療によってフェイスラインの変化が起こりやすいものです。ただし、骨格的な異常の大きなケースでは、通常の矯正治療だけでなく、骨を切除する外科矯正が必要になることもあります。

■出っ歯
上の前歯が前方に出ている出っ歯は、矯正治療をして前歯を引っ込めることで、横顔に大きな変化が現れやすい噛み合わせです。
また、出っ歯の場合、ほうれい線や、唇を締めた時にできるあごの先端の梅干し皺が出やすくなりますが、そういったものも改善できます。

■口ゴボ
口ゴボとは、上下の歯の両方、そして顎が前方に突出している状態で、横から見て大きな突出感があります。これも、矯正治療を行って上下の歯を奥に引っ込めることで、美しい横顔にしていくことができます。また、こちらの場合も、ほうれい線、あごの先端の梅干し皺を改善できます。

■受け口
下の歯が上の歯よりも前に出ている歯並びである受け口も、下の前歯を引っ込めることでフェイスラインに変化が現れやすい噛み合わせです。重度の場合には、通常の矯正治療だけでは改善できず、外科矯正が必要になります。

■開咬(かいこう)
オープンバイトとも呼ばれるもので、上下の歯を噛み合わせた時に前歯がぽっかりと開いている噛み合わせです。開咬では、前歯の部分は上下的に隙間がありますので、その分面長に見えます。矯正治療を行うことで隙間のあった部分が閉じ、長すぎる顔が改善します。

■深すぎる噛み合わせ
ディープバイトとも呼ばれるもので、上の歯が下の歯に大きく覆い被っている状態です。重度の場合には下の前歯が全く見えないこともあります。
この噛み合わせは、横から見ると上唇が出て、下唇が引っ込んでいるように見え、出っ歯のように見えることがありますが、これも矯正治療をすることで改善されます。

■下顎がない
下顎がとても小さい、もしくは大きく引っ込んでいる状態です。下顎のラインが不鮮明で、二重あごのように見えることもあります。このケースは骨格的な問題を抱えていることも多く、普通の矯正治療だけでは改善が難しいということが多いです。そのため、ほとんどの場合、外科矯正となりますが、矯正後は顎のラインがシャープに変わっていきます。

COLUMN新着 歯科コラム
コラム詳細はこちら