1. 駒込駅前デンタルクリニック
  2. 日暮里駅前デンタルクリニック
  3. 西日暮里駅前デンタルクリニック
  4. 駒込駅前デンタルクリニック
  5. 日暮里駅前デンタルクリニック
  6. 西日暮里駅前デンタルクリニック
COLUMNコラム

インプラントが入っていてもインビザラインは可能?

インプラントがお口の中に入っている人で、矯正治療をしてみたいとお考えの人もいるのではないでしょうか?矯正治療というのは歯に少しずつ力をかけて動かしていく治療法ですが、インプラントの場合には天然の歯だけの矯正治療とは異なるので、いろいろと注意が必要になってきます。

インプラントはインビザラインで動く?

インビザラインは、マウスピース型の装置を段階的に交換していくことで、少しずつ歯を動かしていく矯正治療法です。しかし、これは歯根が天然歯の場合の場合に限り、人工歯根であるインプラントの場合には動かすことができません。

天然歯は骨に埋まっていますが、天然歯と骨は直接くっついているわけではなく、歯根と骨の間に「歯根膜」と呼ばれる靭帯が存在します。歯に力をかけることにより、歯根膜の働きにより歯が移動することができるのですが、インプラントの場合、インプラント体と骨の間には歯根膜がないため、歯は力をかけても移動することができないのです。

このように、インプラント自体は動かすことはできませんが、インプラントの本数が少ない場合には、インプラントの位置を考慮しながらインビザラインの治療が可能になるケースも多くあります。

インプラントが入っている場合の注意点

インプラントの本数が少ない場合には、インプラントの位置はそのままで、他の歯のみを動かすという形での矯正治療を進めるということになります。これはケースバイケースであり、できる場合、できない場合があるので、歯科医師とよく相談しておく必要があります。
インプラントの本数が多いと、動かせない部分が多くなるので、それだけ治療は厳しくなっていきます。
ただし、たとえば、奥歯にインプラントが入っていて、前歯だけ歯並びが気になる、というようなケースの場合には、前歯だけの矯正治療が可能になることもありますので、まずはどういった形であれ、相談してみることをおすすめします。

インプラント、矯正治療両方必要な場合にはどちらを先にやる?

あらかじめ両方の治療をやる必要があるならば、通常、まず矯正治療を行って歯並びと噛み合わせが整った状態でインプラントを行います。

というより、インプラントを長く良い状態で機能させるのであれば、噛み合わせの状態というのは非常に重要になってきます。インプラントは異常な噛み合わせの力には弱いので、噛み合わせが悪い状態で入れてしまうと、早くインプラントがダメになってしまうリスクがあります。
そのため、できることなら先に矯正治療をするというのが通常の流れです。
ですが、インプラントがすでに入っている方でも、インビザラインを含め、矯正治療ができる可能性はあるので、興味のある方は一度歯科医師に相談してみましょう。

COLUMN新着 歯科コラム
コラム詳細はこちら